仕事

【体験談】仕事から解放されたい人へ。「正しい逃げ方」を解説。

【体験談】仕事から解放されたい人へ。「正しい逃げ方」を解説。

こんにちは!おとけいです!

本日は【体験談】仕事から解放されたい人へ。正しい逃げ方を解説、というテーマで書いていきます。

仕事から解放されたい人
仕事から解放されたい人

仕事や人間関係が合わなくて、本当に苦しい。。

もうこの仕事から解放されたいな。

でもどうしたらいいのか分からない。

おとけい
おとけい

仕事や人間関係にはどうしても、「合う」「合わない」があります。

昔の僕もずっと苦しくて、何もかも投げ出したくなり、転職しました。

この記事では僕の体験談も含めて、取るべき選択肢について説明します!

本記事の内容!

  • 仕事から逃げるとどうなるのか?リスクを考えてみる
  • 自分の心と身体を一番に考えるべき。そのために仕事から解放されよう。
  • 仕事と会社から解放されて、変わること
  • 仕事と会社から解放された後、自分に会った仕事を探す方法
  • おすすめの転職サイト、エージェント
  • まとめ:仕事から解放されると、状況は良くなる

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕は、

「飲食」「イベント」「教育」業界で働き、今は転職してIT企業で約10年働いてます。

昔の僕は、人間課関係が良くない上に、仕事は合わずミスも多くて毎日心がすり減っていました。

転職することで状況は良い方向に変化。

人間関係や仕事の悩みはかなり軽減され、おまけに給料は2倍以上になりました。

昔の僕の体験まじえて詳しく解説しますね。

ここでは「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

仕事から逃げるとどうなるのか?リスクを考えてみる

仕事から逃げるとどうなるのか?リスクを考えてみる

まずは仕事から逃げた時、どのようなリスクがあるか考えてみましょう。

  • リスク①:毎月の収入が途絶える
  • リスク②:働いていた期間が短いと、転職時の面接で確認される

当然上記以外にも、周りの人に迷惑をかけるとか、仕事に対する責任感から後ろめたさを感じるなどあると思います。

でも実際どんな優秀な人が一人いなくなっても、ちゃんと会社は回っていきますし、責任感からくる後ろめたさも自然と時間が解消してくれるんですね。

まずは自分が解放されること、そしてリスクを最優先に考えることが大切。

では見ていきましょう。

リスク①:毎月の収入が途絶える

一番のネックは収入が途絶えることです。

家賃や光熱費、食費などそもそもの生活が懸かっているからですね。

なので、出来れば転職先が決まってから退職することをおすすめします。

ちなみに、退職時の「失業給付金」を充てにする人も多いのですが、自己都合退職の場合、支給までに3か月以上かかることも。

そのためある程度貯蓄がない場合はやはりリスクが高め。仕事を続けつつ活動しましょう。

参考:雇用保険手続き(厚生労働省)

リスク②:働いていた期間が短いと、転職時の面接で確認される

働いていた期間が短かった場合に、転職活動の面接で必ず理由を聞かれます。

企業側からみると、採用コストをかけていることもあり、どうしてもすぐに辞めてほしくないという考えがあるため。

僕もそうでしたが、何回か転職をしていたり、働いている期間が短いと、必ずつっこまれますね。

ただ納得いく理由をしっかり考えて、採用担当者にしっかり伝えることが出来れば、ちゃんと採用してくれます。

自分の心と身体を一番に考えるべき。そのために仕事から解放されよう。

自分の心と身体を一番に考えるべき。そのために仕事から解放されよう。

まずは自分のことを第一に考えましょう。

今解放されたい、逃げたいと感じている仕事や会社に対して、一番に救ってあげられるのは、あなただから。

真面目な人ほど、

  • 周りの人に迷惑をかけてしまう
  • 自分が甘えているだけだ

と考えてしまいますが、やるだけやってそれでも駄目なら、単純に今の仕事や環境があなたに合っていないだけです。

現状維持のまま自分に合わない環境で働き続けても、良くなることはありません。

仕事と会社から解放されて、変わること

仕事と会社から解放されて、変わること

仕事が変わると、多くのことが変わります。

  • 「職場の人間関係」が変わる
  • 「仕事内容」が変わる
  • 「年収」が変わる
  • 「働き方(テレワークやろもーとワークの有無)や待遇」が変わる

変わることで解決する悩みであれば、行動をおこすべき。

僕も前職では人間関係はパワハラで悩み、仕事内容も合わず、毎日朝になると吐き気が止まらない日々でした。

この仕事を定年まで何十年も続けたら、心も身体も壊れてしまうと感じ、転職活動を決意。

結果、今はIT企業で働き、全てのことが良い方向に変わりました。

人間関係は大幅に改善され、年収も大きく上がり、働き方も週の半分以上はテレワーク。(前職は飲食だったので、毎日店舗へ勤務してました)

当然100%全てが好転するわけではありません。

でも今の仕事から解放されると、好転する可能性は大きくひろがります。

仕事と会社から解放された後、自分に会った仕事を探す方法【正しい逃げ方】

仕事と会社から解放された後、自分に会った仕事を探す方法【正しい逃げ方】

正しい逃げ方とは、今の嫌なことから解放されて、今の悩みが解決される会社へ転職すること。

まずは自分が解放されたいと思うに至った大きな要因を考えてみましょう。

人間関係なのか、給料なのか、仕事内容なのか。

僕の場合、悩みの大小はあれど、、結局は全部でした。

原因が分かれば、後はその悩みを解決してくれる会社を探す必要があります。

色々な所で言われていますが、やはり情報収集が大切です。

なぜなら情報を集めないまま転職をした場合、最悪同じような環境、又は更に悪くなることもありえるから。

情報は転職サイトを使って集めますが、それだけでは不十分です。

気になる会社があれば、上辺の良いところだけ書かれた募集要項だけでなく、良くない所(ネガティブな面)や、実態に近い情報を集める必要があります。

最近では社員の生の声を見れる情報サイトもでてきてるので、次項でご紹介しますね。

仕事から解放されるための、おすすめ転職サイト、エージェント

仕事から解放されるための、おすすめ転職サイト、エージェント

お勧めの転職サイトは下記の通り。

僕はリクナビNEXTで自分に合う会社を幾つかリストアップし、その会社を転職会議で調べ、元社員・現社員のネガティブな面を確認。

ふるいにかけた会社に対して、転職エージェントを利用し、選考を進めるといった使い方をしていました。

色々試しましたが、一番失敗が少ないやり方だと思っています。

下記はご参考までに僕が実際に活用して良かったもの。

全て無料で使えるので、気になったものがあれば活用してみてください。

「情報収取に使用したサイト」

転職会議

⇒現社員・元社員のリアルな口コミ(ネガティブな面)がみれる情報ツール。

リクナビNEXT

⇒求人数最多の転職サイト。転職成功者の8割以上が利用。

「転職活動時に利用して良かったエージェント」

リクルートエージェント

⇒転職成功実績No1の大手サイト。在宅勤務の求人が多く、エージェントの質が高いです。

マイナビエージェント(首都圏に強い)

⇒転職における定番サイト。20代~30代向け、登録して損はないです。

またフルでテレワーク勤務したい方はReWorks(リワークス)など、テレワークしている会社専用の転職サイトもありますので、活用するのもありですね。

まとめ:仕事から解放されると、状況は良くなる

まとめ:仕事から解放されると、状況は良くなる

自分が解放されたいと思っている会社から離脱出来ると、大きく人生は変わります。

当たり前のことかもしれませんが、例えば転職すれば、周りで働く上司や同僚も、仕事も、給料だって全部が変わるから。

これってかなり大きな変化ですよね。

同じ環境で働く人でも、仕事内容でも、結局人には「合う」「合わない」があります。

今の環境が苦しいと感じうのであれば、それは単純にあなたに合っていないだけ。

ちゃんと情報を集めて、しっかり行動さえ起こすことが出来れば、自分にとってストレスが少ない場所で働くことは、難しいことではありません。

昔の僕がもし転職せずに、ずっと前の会社で働いていたらと考えると、、正直ゾっとします。

是非後悔しない選択と行動をしてくださいね。

本日は【体験談】仕事から解放されたい人へ。正しい逃げ方を解説、いかがでしたでしょうか?

ではまた!

「本記事で紹介した転職サイト、エージェント」

転職会議

⇒現社員・元社員のリアルな口コミ(ネガティブな面)がみれる情報ツール。

リクナビNEXT

⇒求人数最多の転職サイト。転職成功者の8割以上が利用。

リクルートエージェント

⇒転職成功実績No1の大手サイト。在宅勤務の求人が多く、エージェントの質が高いです。

マイナビエージェント(首都圏に強い)

⇒転職における定番サイト。20代~30代向け、登録して損はないです。

テレワーク専用転職サイト

ReWorks(リワークス)

⇒フルリモート求人特化型転職支援サイト

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】
【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】こんにちは!オトケイです。 【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】というテーマで書いていきます。 ...