仕事

【もう限界】仕事で理不尽な扱い、、会社を辞めたいと感じた時の対処法

【もう限界】仕事で理不尽な扱い、、会社を辞めたいと感じた時の対処法

こんにちは!おとけいです!

本日のテーマは、【もう限界】仕事で理不尽な扱い、、会社を辞めたいと感じた時の対処法です。

仕事で理不尽を感じる人
仕事で理不尽を感じる人

会社の上司からいつも理不尽な扱いをされている。

なんで自分だけ、、

もう会社を辞めてしまいたいけど、それが正しいのかも分からない。

おとけい
おとけい

理不尽な扱いを受けると、イライラしたり不満が溜まっていきますよね。

昔の僕も同じ経験をしたので、実体験もまじえ対処法を解説します。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

本記事の内容!

  • 会社や仕事で理不尽と感じるケースとは?
  • 仕事の理不尽、、イライラや不満を解消する5つの対処法
  • 仕事で理不尽を感じた人の意見と口コミ【会社を辞める人と残る人】
  • 【体験談】仕事で理不尽に耐えられないなら、会社を辞める方が正解なのか?
  • 転職活動を始めるときに押さえておきたい3つのこと
  • まとめ:理不尽すぎる会社を辞めることは、決して逃げではないこと。

下記のような疑問を持つ方、多いのではないでしょうか?

・今の会社や上司から理不尽な扱いを受け、自分に合わないと思っている

・ストレスやイライラが募り、心身ともに限界を感じている

・とにかく現状から逃げ出したいけど、何をしたらいいか分からない

この記事を読むことでわかること!

  • 会社や上司から理不尽な対応を受けた時の「対処法」が分かる
  • 辛い今から脱出するために「どうしたら解放されるか?」が分かる

本記事で説明していきます。

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕はこんな経歴です!

  • 過去「飲食」「イベント」「教育」業界で働き、今は転職してIT企業で約10年勤務。
  • 過去の職場では理不尽な上司や仕事を何度も経験。

3分~4分で読み終わる記事になっていますので、是非最後までお付き合いください。

「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

会社や仕事で理不尽と感じるケースとは?

会社や仕事で理不尽と感じるケースとは?

会社で理不尽な扱いを受ける際、多くの場合下記のケースではないでしょうか?

  • 上司から嫌な仕事、雑務を押し付けられる
  • 仕事に対して正当な評価を受けることが出来ない
  • 自分の成果を横取りされる
  • 周りと比較して業務量が多く、残業を課せられる
  • 上司や周りのミスを、自分のせいにされる(パワハラ含む)

見ていきましょう。

上司や先輩から嫌な仕事、雑務を押し付けられる

上司や先輩から、雑務や誰もやりたがらないような嫌な仕事を押し付けられる。

誰でも一度はあると思いますが、頻度が多かったり、内容があまりにきつかったりすると、理不尽に感じますよね。

立場が上の人なので、中々断ることもできず、自分自身のストレスや不満が溜まりやすくなります。

上司から仕事に対して正当な評価を受けることが出来ない

どれだけ仕事を頑張って、難しい商談を獲得したり、高い利益をだしても、「それぐらいやって当たり前」といった態度をとられる。

正当な評価を受けられないことって、本当に嫌ですよね。

会社によってランクや役職が決まっており、当然給与や賞与(ボーナス)にも反映されることがほとんど。

こうなってくると、仕事に値するモチベーションも下がるばかりです。

自分の成果を横取りされる

自分だ汗水たらして頑張った成果を、ほとんど全て上司の手柄にされる。

最近は少なくなりましたが、まだ一部平気で手柄を横取りする人はいます。

特にたちが悪いのは、無自覚でやる人や、また話術が上手くあたかもそれっぽい理由で本当に自分の手柄にみせてしまう人がいること。

怒りを通り越して、やる気なくなりますよね。

周りと比較して業務量が多く、残業を課せられる

同僚や同じチームのメンバーは定時や少しの残業で帰れるのに、自分だけ遅くまで残業を課せられる。

理由は様々あれど、業務量は基本公平でなくてはなりません。

1人に負担がかからないよう、課やグループでフォローしあえる体制がない会社は、遅かれ早かれ衰退していきます。

人員リソースの使い方が下手なのか、現場をみれていないからです。

上司や周りのミスを、自分のせいにされる(パワハラ含む)

責任のなすりつけ、本当に腹立たしいですよね。

確実に自分のミスなのに、難癖をつけて誰かのせいにする。

何かあったら、人のせいにする流れを自分で作れる人です。

こちらが正論を論理だてて説明したり反論しても、怒りで押し通したり、「圧」をかけて反論させないようにするのが特徴。

僕もパワハラに似た経験をしてきましたが、「なんで部下を任される立場になれたんだろう、、」とずっと思っていました。

仕事の理不尽、、イライラや不満を解消する5つの対処法

仕事の理不尽、、イライラや不満を解消する5つの対処法

対処法は5つ。

  • その日のうちに忘れる
  • 好きなことで適度にストレス解消、リフレッシュする
  • 上司や先輩に対して、「構わない」マインドをもつ
  • 同じ会社でも部署の異動を願い出る
  • 別の会社、仕事へ転職する

逆境なほど燃えるタイプの人であれば、自分を成長させるための過程だと捉えることも出来ますが、ほとんどの人はそうでないはず。

当たり前に感じるものもあるかもですが、是非順番に意識してみてください。

その日のうちに忘れる

仕事で理不尽を感じるタイミングが「稀」である場合、まずはその日のうちに忘れることが一番です。

理不尽だけではなく、会社や仕事に嫌なことはつきもの、と考えること。

正直正しい考えか、と言われると微妙なのですが、自分が耐えうる理不尽であれば忘れることが一番です。

好きなことで適度にストレス解消、リフレッシュする

趣味やリフレッシュで、ストレス解消を図ります。

出来れば1人でいるより、友人や家族と話したり、遊ぶ方が気もまぎれます。

思う存分愚痴りましょう。

経験上、人と理不尽を共有し、共感してもらうだけでも心がかなり救われます。

上司や先輩に対して、「構わない」マインドをもつ

理不尽な対応をしてくる上司や先輩に対して、「本当に心が小さい、かわいそうな人なんだな」と考えます。

あなたがまともに受け取めて、消耗することすらもったいないので、大きな子供が喚いてるぐらいのマインドで居ましょう。

実際にそうなんですから。

同じ会社でも部署の異動を願い出る

どうしても理不尽が頻繁で、心身共に耐えきれない場合、部署の異動をかけあってみましょう。

一緒に働く人が変わることで、状況が変えられるかもしれません。

ただし部署が変わっても、同じ会社に理不尽上司や先輩はいるので、会社に未練や思い入れがないのであれば転職をおすすめします。

別の会社、仕事へ転職する

別の会社へ転職することで、無責任を強いる人間関係はもちろん、給与や待遇、また仕事自体も変えることが出来ます。

当然全てが良くなるとは限らないので、慎重に会社を選ぶ必要があります。

次章以降で解説していきます。

仕事で理不尽を感じた人の意見と口コミ【会社を辞める人と残る人】

仕事で理不尽を感じた人の意見と口コミ【会社を辞める人と残る人】

仕事で理不尽を感じた人の意見と口コミを纏めました。

理不尽でも会社を辞める人と残る人、どんな思いを感じているか、見ていきましょう。

理不尽でも会社に残る人

まずは会社理不尽だけど、気合で乗り切る人の意見。

職場と割り切ることが出来れば、今の会社に残る選択もありますね。

次に仕事は辞めたいけど、次の転職先や仕事が不安ない人の意見です。

仕事である以上理不尽は当たり前、と捉えて残る考えと、また仕事は辞めたいけど次が見えないといった意見がありました。

理不尽で会社を辞めた人

まずは介護の仕事をしている方の意見。

賃金と理不尽が理由で辞める人がたくさんいる実態ですね。

次に体調不良から仕事を辞め方等の意見。

我慢を続けても、結局状況が改善されるケースは少ないです。

また心身が限界まで消耗する前に、ちゃんと逃げること。

【体験談】仕事で理不尽に耐えられないなら、会社を辞める方が正解なのか?

【体験談】仕事で理不尽に耐えられないなら、会社を辞める方が正解なのか?

仕事の理不尽で会社を辞めることは、1つの正解です。

なぜなら転職することで理不尽がなくなり、その他の給与や待遇も改善出来る可能性があるから。

ただし転職することで、リスクが伴うことも事実。

例えば、良い会社が見つからず転職活動が長引いたり、また転職した後、聞いていた求人情報とちがっていたり、など。

転職したからといって、全て良くなることが約束されるわけでもありません。

あくまで理不尽から解放される、大きな可能性の一つと捉えてください。

また転職するなら、仕事を続けながら活動することをおすすめします。

ちなみに、会社を辞めるか否かのポイントは下記の通り。

  • 心身共に体調不良などの、異常がでている
  • 会社や仕事に対して、気持ちに限界を感じている

昔の僕は上司からパワハラを受け、自分は悪くないのに「お前が悪い」と言われ、本当に消耗していました。

最初は会社なんだから、理不尽なことなんて稀にあること、耐えないといけない。と思い、踏ん張ることを決意。

でも何かある度に理不尽を感じるケースが頻繁にあり、残業も毎日終電まで、すぐに限界を迎えました。

悩んだ末転職活動を進め、IT企業へ。

今は人間関係にも恵まれ、理不尽を感じることはほぼありません。

少し体験談を記載しましたが、僕の経験ではやはり転職は「嫌な今」を変える一つの機会でした。

転職活動を始めるときに押さえておきたい3つのこと

転職活動を始めるときに押さえておきたい3つのこと

下記の通りです。

  • あなたが本当にやりたいことを見つめなおす。
  • 転職では表と裏の両面をみる。
  • 転職エージェントを活用する。

見ていきましょう。

あなたが本当にやりたいことを見つめなおす。

あなたが本当にやりたいことを、再度考えて、整理してみてください。

自己分析ですね。

やりたい仕事内容は何なのか、5年後、10年後はどうなっていたいのか、どれぐらいの給与を貰いたいのか、、など。

転職活動は何となくで始めても99%上手くいかず、「今の自分の軸」をまず認識することから始まります。

何故なら軸が決まっていないと、求人条件にも妥協しやすくなり、面接でも戸惑いが出やすく、全てが中途半端になります。

出来ればカフェなどで紙に書きすと、自分の頭を整理しやすいですよ。

転職では表と裏の両面をみる。

転職では求人情報をみて、選考に進むか否かを判断します。

ただし通常の求人には、基本良いことしか書かれていません。

しっかりと「裏」、つまり会社の実態を調べることを忘れないようにしてください。

具体的には、気になる会社を見つけたら、その会社で実際に働いている人、又は元社員だった人の口コミを確認します。

おすすめは転職会議

昔僕は、気になる会社が見つかったら、転職会議で「ネガティブ面」を必ずチェックしていました。

元社員、現社員のリアルな口コミや評判が見れるので、「マイナス要素を自分が許容できるか?」を忘れずにチェックすることをおすすめします。

「情報収取に使用したサイト」

転職会議

⇒現社員・元社員のリアルな口コミ(ネガティブな面)がみれる情報ツール。

転職エージェントを活用する。

情報収集含め、希望する会社が見つかったら転職エージェントを利用します。

無料で使えて年収交渉や履歴書添削など対応してくれるので、基本利用しない理由はありません。

「転職活動時に利用して良かったエージェント」

リクルートエージェント

⇒転職成功実績No1の大手サイト。在宅勤務の求人が多く、エージェントの質が高いです。

マイナビエージェント

⇒転職における定番サイト。20代~30代向け、登録して損はないです。

またフルでテレワーク勤務したい方はReWorks(リワークス)など、テレワークしている会社専用の転職サイトもありますので、活用するのもあり。

まとめ:理不尽すぎる会社を辞めることは、決して逃げではないこと。

まとめ:理不尽すぎる会社を辞めることは、決して逃げではないこと。

理不尽すぎる会社を辞めることは、逃げではなく、自分を救う行動です。

そもそも理不尽は会社なんだからあって当たり前、という風潮があり、昔の僕もその考えにとらわれていましたが、、

冷静に考えたら、「理不尽は、あってはならないこと」です。

構成な評価や、構成な人間関係を考えたら、当然ですよね。

今の日本の社会人は、強い精神論にとらわれ、少し麻痺している部分があるのかなと思います。

そんな社会の麻痺に、あたたが苦しめられる理由はありません。

1日でも早く脱出して解放されてください。

自分が本当に「良い」と思える環境で、仕事をしましょう。

【もう限界】仕事で理不尽な扱い、、会社を辞めたいと感じた時の対処法、いかがでしたでしょうか?

ではまた!