IT業界・転職

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】

こんにちは!オトケイです。

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】というテーマで書いていきます。

下記のように悩まれている方結構多いのではないでしょうか?

IT転職を考えてる人
IT転職を考えてる人
IT業界へ転職したいけど、色々ありすぎてどんな転職サイトを選べばいいかわからない。。

いい求人情報を探すコツや、転職後のキャリアなど知りたいな。

おとけい
おとけい
少なからず利用した方が良いサイトは幾つかあります。

営業かエンジニアかでも違いますので、両パターンで厳選しました。是非参考にしてみてください。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

本記事の内容!

・IT系に強いおすすめ転職サイト・エージェントを知りたい。(営業、エンジニア別で)

・IT業界で良い求人を見つけるポイントを知りたい。

・IT業界に入った後のキャリアはどうなっているの?

IT業界を考えている方、IT企業の実態を知りたい方、是非参考にしてくださいね!

IT転職を考えている方から話を聞くと、「とりあえず聞いたことあるサイトに登録しとこう!」という方は多いです。

それは最初の行動という意味では「正しい」です。

ただし情報を集める観点では、職種に特化した情報も集めたほうが良いです。

自分の人生のターニングポイントに「とりあえず」という考え方は一回捨てましょう。

それぞれに「良し悪し」があって、「自分に合ったものはどれか」を見極め、合うものを組合わせることが大切です。

本記事で説明していきますね。

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕はこんな経歴です!

  1. IT上場商社で営業を約10年経験(過去飲食業界や教育、イベントなども経験しました)
  2. メーカーへも数年常駐し、幅広い視点で業務
  3. 100社以上のIT企業と一緒にビジネス(協業)
  4. 国家資格を含め、3つのIT資格を取得

完全に未経験からこの業界に入り、見えてくるものも増えてきました。

今業界にいるからこそ言える、「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

IT系に強いおすすめ転職サイト・エージェントを知りたい。(営業、エンジニア別でも知りたい)

IT系に強いおすすめ転職サイト・エージェントを知りたい。(営業、エンジニア別でも知りたい)

結論から言うと、「どちらの職種でも登録しておくべき転職サイト」をまずご紹介し、その上で「営業向け3社」+「エンジニア向け4社」を紹介します。

なぜなら転職サイトは1つだけでは偏るため、全体を俯瞰できるサイトと、職種に特化したサイトから網羅的に情報を得る必要があります。

自分の「人生を決めるターニングポイント」です。

少しでも最新且つ多くの情報を俯瞰し、その上で積極的に行動していきましょう。

後から「その情報知らなかった、、」となることは一番避けなければいけません。

営業、エンジニアどちも登録しておくべき「転職サイト2つ」

リクナビNEXT

⇒転職サイト最大手で求人が豊富です。登録しておきましょう。

doda

CMでお馴染の転職サイト。手厚いサポート力があるので、転職初めての方におすすめ。

広告などでも多く出ている転職サイトです。

後ほど説明しますが、この2サイトを選ぶ理由は「圧倒的情報量」があるからです。

続いてエージェントをご紹介します。

営業、エンジニアどちも登録しておくべき「転職エージェント2つ」

リクルートエージェント

⇒転職成功実績No1の大手サイト。エージェントの質が高いです。

マイナビエージェント

⇒転職における定番サイト。大手なので登録して損はないです。

上記の転職サイト、および転職エージェントにはまず無料登録をしてください。

なぜなら、転職は一部、情報戦の側面があるからです。

例えば、あなたに給与も待遇も、そっして仕事内容もぴったしの求人があっても、あなたがその情報を知らなかったらその求人は無いのと同じです。

数か月後には、きっと知らない他人が入社するわけです。

本当に良い求人にはそれだけ人が集まる可能性が高いので、まずは「質の良い求人の情報が拾えるという環境」を作りましょう。

上で紹介したサイトは、転職をする多くの人が利用するサイトでもあるので、情報の網羅性でまず他の人に負けないでください。

更に言えば、実際に僕が使って、本当に良いと感じたので紹介しています。

これからITの仕事を目指す人は、最低限「情報の量」で他の人から引けを取ったらダメだということを覚えておいてください。

IT(Information technology)はその名の通り、「情報」を扱う仕事です。

また情報収集という意味では転職会議もおすすめです。

実際にその会社で働いた社員の、生々しい年収や職場環境の口コミをみることが出来ます。

記事にしているので、良かったら参考にしてみてください。

「転職会議」って実際どうなの?【評判・口コミは当てにならない?】
「転職会議」って実際どうなの?【評判・口コミは当てにならない?】転職鍵の使い方や評判が気になりますか?本記事では転職会議の情報があてになる、あてにならないといった実態。またその他登録手順も含めて解説しています。 本記事を読み終わるころには、その疑問が解決されます。...

「営業」におすすめな、転職サイトとエージェント

基本営業もエンジニアも、見極めにくい重要サイトを紹介します。

まずは営業!

営業向けおすすめ3サイト(エージェントも含みます)

ミイダス

→自身の能力やパーソナリティ(性格等)を入れると、企業から書類選考合格済みの「面接確約オファー」が届く仕組みになっています。

営業はパーソナリティの部分が仕事に大きく関わってきます。

最先端分析ツールの結果を参考としつつ、自分に合う企業を見極めましょう。

優良企業が多いので、転職初心者は是非無料登録しておきましょう。

アイデムスマートエージェント

→転職サイトの老舗。ITに力を入れており、また実績も豊富なため、ノウハウ含め情報量が多いです。

堅実に転職活動を続けていきたい人におすすめです。

reフレッシュ転職(20代向け)

→20代向けになりますが、それ故年代特化のマッチングをサポートしてくれます。

未経験・学歴不問で、転職後5万円のお祝い金も有。

営業はいかにパーソナリティに注視してくれるサイト・エージェントか、という基準で選びましょう。

たまに上辺だけの印象で個性を判断するエージェントもいます。

僕の記事で出しているサイトやエージェントは基本問題ありませんが、「担当者レベルでの良し悪し」はどうしても出てしまいます。

複数の人と話した上で、合う合わないを判断してください。

そのためには複数のサービスを利用し、「選ぶ」ことが大切です。

ちなみにエージェントであれば、ポイントはあなたの性格で自分んがマイナスだと感じてる要素(内気、人見知り、面倒くさがりなど)を聞いてくれるかどうかが、良いエージェントかどうかの判断基準です。

「あなたの能力を活かす」「興味のある仕事」「やりたいこと」「待遇」どれも大事ですが、それよりも「自分が気にしている部分」を気にしてくれるか、「悩み」を理解してくれようとしてるかが重要だと僕は思います。

「エンジニア」向けのIT専門サイト・エージェント

次にエンジニアです!

エンジニア向けの転職サービスは、スクールとセットになっているものが多いですが、相談することで、臨機応変に対応してくれます。

エンジニア向けおすすめ4サイト(エージェントも含みます)

【未経験又はIT少し経験したことがある人向け】

レバテックキャリア
→個人的にはエンジニア向けの転職サービスでは一番お勧めです。

エンジニア特化で15年以上対応した実績、マンツーマンサポート、4,000件以上の求人。

もし僕が転職してエンジニアを目指すのであれば、ここを利用します。

どちらかというと少しかじっている人向けですが、未経験でもOKです。

【完全未経験者向け】

TECH CAMP

 →未経験からのエンジニア転職支援。転職出来なかったら全額返金制度あり。

ホリエモンこと堀江貴文さんが推す転職プログラムとして有名になりました。

GMO、U-NEXTなど転職実績もあり、転職率も99%を超えます。

GEEK JOBキャンプ

異業種・未経験からのIT業界転職専門サイト。

「エンジニアスクール+転職支援」の内容になっていますが、エンジニアのためのスクールが完全無料、オンライン(在宅)も整備されています。

サイバーエージェントやDMMへの就職実績もありますね。

DMM WEBCAMP

未経験+ITエンジニア専門サイト。

「エンジニアスクール+転職支援」型です。ローランドとのコラボが話題。

特徴としては厚生労働省指定の給付金制度の対象講座に認定されているので、費用最大70%が給付金として支給されます。国のお墨付きですね。

そしてさらにおまけ!営業、エンジニア両方おすすめです!

【補足】

ちなみにこういった無料のスクール系は、就職後にその企業がエージェントに対価を支払う仕組みになっているので転職者の負担がありません。(昔怪しいと思って調べたことがあります。笑)

なので学習の質には全く問題ありません。

ちなみに、転職サイトの場合、大手サイトと中規模・専門サイトの違いは下記の通り。

・大手サイト:掲載数が多い

・中規模・IT専門サイト:IT特化の就職支援やIT企業個々のパイプがある(企業側からみても採用しやすい)

大手サイトは情報のパイプを確立することを目的にします。

職種毎にサイトをおすすめした理由は、上記の通り大手サイトに載ってない優良企業とのコンタクト、また企業の人事より個別に連絡を貰える可能性があるからです。

というのも、僕の実体験として、このような中堅サイトでかなり熱いPR文等を載せていたことがあり、それがきっかけで即内定を頂けたことがあります。(結果的に入社はしなかったのですが)

エンジニア志望の方は、スクールがセットになっているIT専門サイトを選んでください。特に未経験からエンジニアを目指す人はスクール必須です。

最近では無料の学習支援も充実してきているので、是非有効活用することをお勧めします。

スクール特化した内容は下記記事をご参考に。

IT教育に力を入れている企業・スクールについて【就職・転職のご参考に】
IT教育に力を入れている企業・スクールについて【就職・転職のご参考に】こんにちは!オトケイです。 IT教育に力を入れている企業・スクールについて【就職・転職のご参考に】というテーマで書いていきます。 ...

IT業界で良い求人を見つけるポイントを知りたい。

IT業界で良い求人を見つけるポイントを知りたい。

ポイントは3つです。

  1. テレワーク・フレックス制度が導入されているか
  2. 給料体系はどうか
  3. 福利厚生・副業はどうか

順番に見ていきましょう!

テレワーク・フレックス制度が導入されているか

あればいいやと考えがちですが、かなり大事です。

IT企業でこれらの設備・制度が導入されていないということは、何かしらの理由がある可能性が多いです。

企業体質が古く情勢に対応する柔軟性がない、社員への配慮が不足している、そもそも資産に余裕がなく設備を導入できない、、などなどです。

今IT業界は、家にいながらほとんどの仕事が出来る時代です。IT業界はその先駆者の立ち位置。

常に会社で仕事しないと嫌だ、という人以外は基本外した方が良いです。

給料体系はどうか

これもいうまでもなく大事ですよね。

IT業界は言うまでもなく、他業界と比べて平均的な給料は高いです。

そうはいっても当然企業ごとにも差はあるので、数年先も見据えて、出来るだけ良いところを選びたいですね。

基本は求人の金額だけでなく、下記サイト等で気になった会社の平均年収を調べてください。

平均年収.jp

入社した後どれくらい貰えるかも大事ですが、その後どれくらい上がるかがある程度予測できます。

福利厚生はどうか

ここもあればいいやの考えはやめましょう。

会社によって「家賃補助」、「地域手当(働いてるエリアや住んでるエリアで支給される手当)」、「会社の独自手当(誕生日手当や禁煙手当など独特なものが多いです)」などある場合があります。

例えば家賃補助が3万、地域手当が2万、会社の独自手当が1万だとすると、月間6万、年間72万変わってきます。

かなり大きいですよね。基本給で1万違ったとしても年間12万です。

「トータルでいくら貰えるのか」、という視点で見極めることが必要ですね。

IT業界に入った後のキャリアはどうなっているの?

IT業界に入った後のキャリアはどうなっているの?

基本は出世・昇進か、独立だと思います。

個人的にはどちらの選択肢になるにせよ、気持ちとしては独立する気持ちが良いと思います。

個人で独立する気持ちで仕事に取り組めば、自ずと周りから評価されやすい行動をとるようになります。

他人に任せる、他人のせいにするではなく、自分が何とかしないといけない、「自分事」の心持ちですね。

何れも高収入になっていくと思うので、自分で判断する時期を決めて、選択するのが良いと思います。

まとめ

・IT系に強いおすすめ転職サイトを知りたい。(営業、エンジニア別で)

【全員】

リクルートエージェントマイナビエージェントDODAリクナビNEXT

【営業】

ミイダスアイデムスマートエージェント 、reフレッシュ転職(20代向け)

【エンジニア】

レバテックキャリアTECH::EXPERTGEEK JOBキャンプDMM WEBCAMP

【特化型おすすめ】

転職エージェントGraspy

・IT業界で良い求人を見つけるポイントは、テレワーク・フレックスはあるか、給料(平均年収)はどうか、福利厚生はどうなっているかが重要です。

・IT業界に入った後のキャリアは、昇進か独立です。

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】いかがでしたでしょうか?

是非前向きに検討してみてください!

本日はここまでです。

ではまた!

自分に合った仕事と会社が分からない方へ【4つの手順と選び方】
自分に合った仕事と会社が分からない方へ【4つの手順と選び方】自分にあった仕事の選び方を知りたいですか?本記事では実体験を基に、効果的に仕事選びの方法を解説しています。 本記事を読むことで、失敗しない仕事の選び方が分かります。...
退職代行の意外な評判?実際に使う方法と手順【メリット・デメリットも】
退職代行の意外な評判?実際に使う方法と手順【メリット・デメリットも】退職代行の意外な評判について解説します。 また退職代行を使うメリット、デメリット、使うための方法や手順まで記載。 この記事を読めば、あなたにとって退職代行が必要かどうかが分かるようになってます。...