仕事の悩み

【超簡単】場所を選ばない、おすすめサイドビジネス(副業)5選!

2020年おすすめなサイドビジネス(副業)とは?サラリーマン必見!

こんにちは!

本日のテーマは、【超簡単】場所を選ばない、おすすめサイドビジネス(副業)5選!です。

サイドビジネスを始めたい人
サイドビジネスを始めたい人
最近サイドビジネス(副業)って流行っているみたいだな。

といっても何が自分に合っているか分からないし、おすすめはないかな?

簡単、未経験でも始められて、在宅だと嬉しいな!

おとけい
おとけい

働き方改革が進み、2018年以降、サイドビジネス(副業)が解禁されましたね。

月3万稼ぐだけで、家計はかなり楽になります。

実際に副業をしている僕が、簡単且つ在宅で出来るお勧めサイドビジネスを、本記事でご紹介しますね。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

本記事の内容!

  • サイドビジネスとは?
  • 2021年おすすめなサイドビジネス(どれくらい稼げる?かかる時間は?未経験でもOK?)
  • おすすめしないサイドビジネス
  • サイドビジネスは誰でも簡単に始められる

本記事は下記のような人に読んで頂けたらと思います。

・会社の給料じゃ足りない

・働き方改革で、残業代が入らなくなった

・コロナの影響で会社の賃金に影響があった

・あと月3万~5万あれば違うのに。。と感じてる

この記事は下記を目的としています。

  1. 2021年おすすめの「サイドビジネス」が分かる
  2. 未経験でも大丈夫!自分に合った「サイドビジネス」が分かる

本記事で説明していきます。

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕は、サイドビジネスを始めて1週間で、1万円を稼ぐことが出来ました。

ここでは「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

サイドビジネス(副業)とは?種類は何があるの?

サイドビジネスとは?

サイドビジネスとは、本業として働いている収入とは別の、「第二、第三の収入を得る仕事」を指します。

「副業」と言い換えてもOK。

2018年に日本政府では、就業規則を改訂、働き方改革として「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の規定を消しました。

参考:厚生労働省「モデル就業規則」

また「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、これにより副業解禁となったんですね。

サイドビジネスをしてる人はどれくらい稼いでいるの?

下記は副業を始めている人が、平均どれくらい月に稼いでいるかのデータです。

副業による平均月収は6.82万円。

サイドビジネスデータ

参考:PR TIMES『パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表 加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%』

平均月7万円近く稼いでいるんですね。

ただし、最初は1~2万を稼ぐ気持ちで始めるのがベストです。

サイドビジネスの種類は何がある?

サイドビジネスの種類は無数にあります。

  • 成果報酬型
  • 時間労働型
  • ビジネス創出型

見ていきましょう。

成果報酬型

成果報酬型は、何かしら自分が作成などしたものを納品することで得られるサイドビジネスパターンです。

主にイラスト、動画作成、記事ライティングなどが挙げられますね。

時間労働型

自分が労働に準じた時間分の対価を得られるものです。

主にアルバイトがイメージに近いですね。

なおサイドビジネスを始める際は、時間労働型はおすすめしません。

働いた時間分確実に定められた賃金は発生しますが、在宅で出来る仕事がほぼないこと、また一番賃金に対するコスパがよくないからです。

ビジネス創出型

自分でビジネスを作るパターンですね。

名前だけ聞くとハードルが高いように感じますが、YouTubeやブログなど、自分がサービス主体となるメディアなどを立ち上げ発信する内容です。

なお、サイドビジネスは成果報酬型、若しくはビジネス創出型をおすすめします。

2021年おすすめなサイドビジネス(どれくらい稼げる?かかる時間は?未経験でもOK?)

2020年おすすめなサイドビジネス(どれくらい稼げる?かかる時間は?未経験でもOK?)

おすすめのサイドビジネスは下記です。

  1. 動画編集
  2. プログラミング
  3. イラスト
  4. アフィリエイト(ブログ)
  5. リファラル

社会人、サラリーマンでもやりやすいものを厳選しています。

おすすめサイドビジネス①:動画編集

おすすめ度
稼げる金額
稼げるまでの時間
将来性
未経験OK

個人的には動画編集が一番おすすめです。

動画編集がおすすめな理由は、今動画のニーズがどんどん高まっているからです。

世の中にはYouTubeをメインに、動画コンテンツの利用が年々上がっている傾向。

また映像編集は、少し勉強すれば、誰でもすぐに出来るようになります。

実際に僕もサイドビジネスとして動画編集の仕事をしていますが、ほぼ未経験から1週間、動画編集方法を勉強した後、比較的すぐに稼ぐことが出来ました。

動画編集の勉強の仕方や手順は、下記の記事にて説明しています。

副業で映像編集の仕事は稼げる?【未経験がやってみた感想と始める手順】
副業で映像編集の仕事は稼げる?【未経験がやってみた感想と始める手順】副業で映像編集の仕事が稼げるか知りたいですか?本記事では実際に映像編集の副業を実施してみて、どれくらい稼げたか、また動画編集の始め方について説明しています。 本記事を読めば、副業で映像編集を始めて、稼ぐ方法が分かります。...

おすすめサイドビジネス②:プログラミング

おすすめ度
稼げる金額
稼げるまでの時間
将来性
未経験OK

プログラミングは動画編集と比較すると専門性が増しますが、世の中のニーズはかなり高いのでおすすめします。

特に企業案件も受けやすいことが特徴ですね。

企業案件を受けられるようになれば、安定してそれなりの金額を稼ぐことが出来ます。

ただし稼げるようになるまでには3か月前後の勉強時間が必要になります。

最近では未経験者向けの無料のプログラミングスクールもあり、3か月前後学習出来るので、まずは無料で始めて合う・合わないを見極めるのもありです。

おすすめのプログラミングスクールは下記記事にて説明していますので、よかったらどうぞ。

無料スクールも載せています。

おすすめプログラミングスクール徹底比較【総合・料金安い順、無料有り】
おすすめプログラミングスクール徹底比較【総合・料金安い順、無料有り】こんにちは!オトケイです。 おすすめプログラミングスクール徹底比較【総合・料金安い順、無料有り】というテーマで書いていきます。 ...

おすすめサイドビジネス③:イラスト作成・画像編集

おすすめ度
稼げる金額
稼げるまでの時間
将来性
未経験OK

イラストはなんといっても、始めやすさが売りです。

特に最近では、YouTubeやブログ、Twitterなど、個人アカウントのアイコンのニーズがとても高まっています。

あなたのイラストのニーズが気に入ってもらえれば、追加で依頼を受けることが期待できます。

イラストについてクライアントを見つけるには、ココナラがお勧めです。興味ある人は下記記事を参考にしてみてください。

ココナラ
【ココナラ】「ひどい」という評判は本当?実際に使ってみた感想!ココナラの登録方法が知りたいですか? 本記事では登録手順を画面付きで解説しています。 また実際に使ってみての感想も記載していますので、登録方法とココナラの実態が分かります。...

おすすめサイドビジネス④:アフィリエイト(ブログ)

おすすめ度
稼げる金額
稼げるまでの時間
将来性
未経験OK

アフィリエイトとは自分でホームページを作成し、商品を紹介、買ってもらえば収益になるという仕組みです。

ホームページにてユーザーの閲覧数が伸びていけば稼げるサイドビジネスです。

ただしホームページが育つまで(Googleなどの検索エンジンで上位表示されるまで)半年~1年はかかるので、長期戦が見込まれます。

すぐ稼ぎたいという方には向きませんが、長い目で稼いでいくスタンスの方にはおすすめの副業です。

おすすめサイドビジネス⑤:リファラル

おすすめ度
稼げる金額
稼げるまでの時間
将来性
未経験OK

リファラルとは会社と個人を仲介して、サービスなどをマッチさせるサイドビジネスです。

まだ新しいビジネス体系のため認知度はイマイチですが、選択肢として検討するに値する選択肢です。

例えば動画の編集無料セミナーを探している人と、動画の無料セミナーを開催する会社があったとき、あなたが間を取り持つ(紹介する)ことで、会社から紹介料料を貰う流れになります。

動画編集セミナーは例えですが、例えば電気会社だったりガス会社のサービスだったり、種類は様々です。

単価が数万円のものもあるので、人脈がある人や、コミュニケーションが得意な人はとても稼ぎやすいビジネスであるといえます。

企業側でどんな案件があるかはside bizz(サイドビズ)で探せるので、無料登録だけしておいて、良い案件があれば紹介する流れがよいかと思います。

興味のある方は下記記事もご参考に!

営業マンにおすすめな副業【side bizz(サイドビズ)とは?】
side bizz(サイドビズ)の評判!営業歴10年のプロが解説side bizz(サイドビズ)の評判が気になりませんか? 本記事では本サービスのメリット・デメリット、またどれだけ稼げるかを、営業歴10年のプロが解説します。 本記事を読むことで、自分にあっているかどうかが分かります。...

おすすめしないサイドビジネス

おすすめしないサイドビジネス

結論、「ポイントサイト」と「FX」です。

理由は下記の通り

ポイントサイト

  1. 広告クリック系は1クリック数円とあまり効率的でない
  2. 無料登録でポイントを稼ぐ系も、いずれ限界がくる

FX

  1. 副業というスタンスでやるにはリスクが大きい
  2. 初期投資が必要
  3. 本気で稼ぐのであれば、がっつり勉強する必要がある

 

僕はサイドビジネスは、限られた時間で、ほぼリスクなく稼ぐことが重要だと考えます。

上記は副業に適しているとは言いにくいです。

「サイドビジネス」と「副業」の違いとは?

「サイドビジネス」と「副業」の違いとは?

サイドビジネスと副業は、同じ意味合いです。

本業以外に収益を得る仕事と捉えましょう。

ここ数年では本業の給料だけではやっていけない、またテレワークなどの広まりで隙間時間が出来る人が増えたことで、副業する人が増加しています。

サイドビジネスを始める2つの「メリット」

サイドビジネスを始める2つの「メリット」

サイドビジネスを始めるメリットは下記の通り。

  • 収入が増える(生活にゆとりが出来る)
  • サイドビジネス分野での、スキルを磨くことが出来る

主にこの2点です。

1番はなんといっても収入が増えること。

月に2万増えるだけでも、年間だと24万円年収が増えるので、生活にゆとりがでます。

趣味や家電、インテリアなどに使えるお金が増えるのは本当に有難いですよね。

僕もサウンドバー買ったりパソコン買ったりしてるので、本当副業やってて良かったと感じる瞬間です。

また例えばイラストの副業なら、当然スキルも同時に磨くことが出来るので、やらない理由はないのかなと思います。

サイドビジネスを始める1つの「デメリット」

サイドビジネスを始める1つの「デメリット」
  • 会社が禁止している場合、仕事によってはばれるリスクがある。

ただ1つのデメリット。

会社がルールとして禁止している場合、特に住民税でばれることがあるので、事前に対策を考える必要があります。

サイドビジネスは基本「在宅で出来るものを選ぶ」理由を解説。

サイドビジネスは基本「在宅で出来るものを選ぶ」理由を解説。

サイドビジネスは「隙間時間でやれること」が稼ぐ秘訣だからです。

ほとんどの人は平日本業が終わったあと、又は休日一部の時間を使って実施しますが、「場所」という制約があると、副業できる時間はかなり絞られてしまいます。

会社帰りの近くのカフェや自宅など、場所を選ばず出来る副業であることは必須条件として捉えてください。

僕も副業をする時はいつもカフェか自宅です。

先述したおすすめ5選は、いずれも場所を選ばず、その中でも稼げる厳選したサイドビジネスなので是非参考にしてみてくださいね。

サイドビジネスを始めるときの「注意点と心構え」

サイドビジネスを始めるときの「注意点と心構え」

サイドビジネスをすることを決めたら、まずは「続けること」を意識してください。

最初は張り切って始めますが、本業よりも自分の采配で実施する要素が大きいため、合わない副業を選んでしまうと、怠けたり、面倒くさくなってしまうことが多いからです。(僕の経験上)

そのため、あなたが少しでも興味があって、ちゃんと続けられるサイドビジネスを選んでくださいね。

まずは試しに、少しずつやってみて確かめるのも全然ありですよ。

サイドビジネスは誰でも簡単に始められる

サイドビジネスは誰でも簡単に始められる

本記事で紹介させて頂いたサイドビジネスは、誰でも簡単に始められます。

プログラミングや映像編集は、イメージは少しとっつきにくそうに感じますが、いざちゃんと勉強すれば、理解できる内容です。

「あなたに合うサイドビジネス」を選び、一つでも試しに初めてみることをお勧めします。

副業を始めて自分が向いていることに気付き、本業より稼いでいる人もいます。

【超簡単】場所を選ばない、おすすめサイドビジネス(副業)5選!いかがでしたでしょうか?

本日はここまでです。

ではまた!

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】
【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】こんにちは!オトケイです。 【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】というテーマで書いていきます。 ...
仕事の悩みが相談できない時の対処法【4つの方法を解説】
仕事の悩みが相談できない時の対処法【4つの方法を解説】こんにちは!オトケイです。 仕事の悩みが相談できない時の対処法【4つの方法を解説】というテーマで書いていきます。 ...