IT業界・転職

IT営業の年収はどれくらい?【具体的な給料について解説】

IT営業の年収はどれくらい?【具体的な給料について解説】

こんにちは!オトケイです。

IT営業の年収はどれくらい?【具体的な給料について解説】というテーマで書いていきます。

下記気にされている方、結構多いのではないでしょうか?

IT転職を考えてる人
IT転職を考えてる人
ITの営業ってどれくらい給料もらえるんだろう?エンジニアと比較するとどうなの?
おとけい
おとけい
エンジニアはなんとなくよさそうなイメージがありますが、営業は稼げるのか見えにくいですよね。

本記事で最新の情報をお伝えするので、是非参考にしてみてください。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

本記事の内容!

・IT営業の年収はどれくらい?

・エンジニアと比較するとどうなの?

・給料の良い会社へ就職・転職する方法!

IT業界を考えている方、IT企業の実態を知りたい方、是非参考にしてくださいね!

今回はIT企業の中でも「上場企業」・「大手企業」に焦点を絞って解説していきます。

是非就職、転職を検討される方はこのゾーンを選択肢にいれてみてください。

本記事で説明していきます。

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕はこんな経歴です!

  1. IT上場商社で営業を約10年経験(過去飲食業界や教育、イベントなども経験しました)
  2. メーカーへも数年常駐し、幅広い視点で業務
  3. 100社以上のIT企業と一緒にビジネス(協業)
  4. 国家資格を含め、3つのIT資格を取得

完全に未経験からこの業界に入り、見えてくるものも増えてきました。

今業界にいるからこそ言える、「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

IT営業の年収はどれくらい?

IT営業の年収はどれくらい?

未経験で入社し「IT上場企業」「大手企業」の場合、ざっくりこれぐらいです。

1年目:402万

2年目:454万

3年目:522万

4年目:591万

5年目:640万

6年目:683万

7年目:747万

8年目:811万

9年目:869万

10年目:903万~

この数字はある大手IT企業の、実体験の例を基にした、かなりリアルな実際の年収の上がり幅なので、一つの指標として捉えて貰えればと思います。

当然個人差はありますし残業の有無によってさらに上がりますが、

印象としては、「意外と貰える」というイメージではないでしょうか?

当然それには理由があり、何故なら「業界そのものが伸び続けているから」です。

IT業界は電気・ガス・水道などと同様、「人の生活に欠かせないインフラ」となっており、且つ「AI」や「5G」など次々と新たな技術が生み出されてきています。

その業界での上場・大手企業となれば当然動くお金も大きいため、「人件費」にかけるお金も大きいということです。

例えば、世界のTOP企業と創造できる会社を挙げてみましょう。

Google、Amazon、Facebook、Microsoft、Apple、等々、これら全部IT企業です。

仮にこれらの企業に就職・転職出来た場合、上記の年収よりさらに上の給与水準になると思います。

エンジニアと比較するとどうなの?

エンジニアと比較するとどうなの?

結論、変わらないか、エンジニアの方が良いです。

業務時間の兼ね合いもあれば、専門スキルがあると資格手当・スキル手当がつくことがあるからですね。

また一般的には営業よりエンジニアの方が出世が早い傾向があります。

ただ先述した通り、営業も決して低い水準ではないので、もともとの土台が高い水準での比較になると思います。

基本的には自分がやりたい職種を選択するこ法が良いと思います。

やはり好きな方が続けられますし、自ずと給与の上がり幅も増えます。

給料の良い会社へ就職・転職する方法(営業職)

給料の良い会社へ就職・転職する方法(営業職)

方法は下記の通りです。

  1. 自分のやりたいことを明確にする。(メーカーの営業、WEB系の営業等)
  2. 決まった業界での上場・大手企業の会社研究をする。
  3. 良質なIT・営業特化型の転職サイト・エージェントへ登録する。

見ていきましょう!

①自分のやりたいことを明確にする。(メーカーの営業、WEB系の営業等)

ITの営業といっても細分化されていて、いろんな営業のスタイルがあります。

メーカーの営業として物を売りたいのか、またはWEB系の営業になってWEBサービスを売りたいのか、ゲームやVODなどを売りたいのか、多種多様ですね。

純粋にあなたが何を売りたいかを決めましょう。

働く上で自身の幹となる部分なのでしっかり自己分析してください。もちろん最初は複数でもOKです!

②決めた業界での上場・大手企業の会社研究をする。

最低5社~10社をピックアップして決めてください。

個人的には「上場企業」、または「大手と呼ばれる企業」がお勧めです。

扱う金額が大きいことから給料えも反映されやすく、またそれ以外の待遇、仕事内容の負荷など、様々な分野でのバランスが良いからです。

当然年収重視の方はその業界の「年収TOP10」を洗い出しても良いですし、待遇や福利厚生を重視されるのであれば、「ホワイト500」に登録されてる企業からピックアップされるのも良いと思います。

③良いIT・営業特化型の転職サイト・エージェントへ登録する。

かなり重要なので、しっかりと見極めて登録されることをおすすめします。

見極めるために、サイトであれば無料登録、エージェントの場合は無料相談・体験等実施してることが多いので、合う合わないを判断するため2~3社は相談してください。

おすすめのサイト・エージェントは下記記事に纏めているので、よかったら是非。

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】
【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】こんにちは!オトケイです。 【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】というテーマで書いていきます。 ...
まとめ

・IT営業の年収は、上場・大手企業であれば、それなりに良い(10年で1000万弱はいける)

・エンジニアと比較すると、あまり変わらないが、エンジニアの方が少し良い。(能力手当や、出世が早いため)

・給料の良い会社へ就職・転職する方法は、自分のやりたいことを決め、業界・企業を研究、営業やITに特化したサイトやエージェントに登録する。

IT営業の年収はどれくらい?【具体的な給料について解説】いかがでしたでしょうか?

是非前向きに検討してみてください!

本日はここまでです。

ではまた!