IT業界・転職

未経験からITの勉強をする2つの方法【営業、エンジニア転職】

未経験からITの勉強をする2つの方法【営業、エンジニア転職】

こんにちは!オトケイです。

今日は未経験からITの勉強をする2つの方法【営業、エンジニア転職】というテーマで書いていきます。

IT転職を考えてる人
IT転職を考えてる人
ITの勉強って何をどうすればよいかわからない。。

効率的で役に立つ勉強の仕方を教えて!

おとけい
おとけい
正しい方法で効率的に勉強する方法を説明しますね!

この記事ではこんな疑問にお答えします!

本記事の内容!

・ ITの勉強方法はどうやるの(営業、エンジニア別)

・ 勉強するのにどれくらいの時間がかかる?

・勉強した知識はどう活かせるの?

未経験からIT業界を考えている方、ITの勉強を始めようとしてる方、是非参考にしてください!

IT転職にあたって出来れば事前に勉強しておいた方が良い内容を書いていきます。

実体験を基に、無駄なく学習する方法をシンプルに書きますね。

IT企業で約10年働いてきた経験を基に、今後就職・転職を考えている方へ、分かりやすく解説していきます。

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕はこんな経歴です!

  1. IT上場商社で営業を約10年経験
  2. メーカーへも数年常駐し、幅広い視点で業務
  3. 100社以上のIT関連会社と一緒にビジネス(協業)
  4. 国家資格を含め、3つのIT資格を取得

完全に未経験からこの業界に入り、見えてくるものも増えてきました。

今業界にいるからこそ言える、「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

ITの勉強方法はどうやるの?営業、エンジニア別に教えて!

ITの勉強方法はどうやるの?営業、エンジニア別に教えて!

こちら営業、エンジニア二つの職種別にご紹介します!

営業:「ITパスポート」の取得

エンジニア:「プログラミング」

これには理由があります。

実際に僕もITパスポート取得しましたし、転職経験のあるエンジニアもプログラミングを勧めていました。

効率化して勉強を進めるために、記載していきますね。

営業の場合「ITパスポート」

こちらの資格は出来れば取得しておくようにしましょう!

何故なら下記の理由が挙げられるからです。

  • 資格取得を目指す学習内容が、ITの基礎を効率的に学べる内容になっている
  • 学習内容が最新の技術や動向を踏襲した内容になっている
  • 国家資格のため、一定の評価を得られる
  • ITの資格の中では取得しやすい(ちゃんと勉強はしないと取れません)

ITの基本を学べ、学習内容も無駄がなく、国家資格、、まさに最強ですね。

合格率は50%前後と、比較的取得しやすい資格になっています。

僕もこちらの資格は取得し、仕事では大変役立ちました。

また国家資格であるため、営業としては十分な知識を有していると評価されます。

最新試験情報は下記をご確認ください!情報処理推進機構という国の機関が開催しています。

【ITパスポート試験】情報処理推進機構 – IPA

お勧めの勉強本はこちらです!

未経験者に分かりやすい構成になっているので、インプットしやすく知識として落とし込みがしやすいです。

「ITパスポート」取得のためにかかる時間

ちなみに勉強時間は100時間が基準と言われていますが、15時間~30時間で受かる人もいます。

例えば普段パソコンを使っている人や家のWi-Fiをつなげている人であれば、基本は理解できてる人だと思いますので、そこまで時間はかからないでしょう。

勉強した知識はどう活かせるの?

現場で営業として活躍する際、ITの基本の勉強が出来ているため、スムーズにお客さん及び関係者と会話や遣り取りを進めることが出来ます。

なお就職・転職活動そのものに資格を生かす場合、資格自体をアピールするというよりは、受験することにした理由や、取得のためにどう自分がスケジュールをたて、行動し、結果を出したかをアピールするようにしてください。

エンジニアの場合「プログラミング」

こちらの勉強をしておくようにしましょう!

何故なら下記の理由が挙げられるからです。

  • エンジニアとしての知識技術を学べ、そのまま仕事に使える。
  • 業界の需要が高い。(2020年では37万人不足している)
  • 年収が高い。
  • 需要のあるスキルなのでフリーランス・独立しやすい。
  • 時間や場所が自由。

IT会社の役員、投資会社の設立、芸人の厚切りジェイソンもプログラミングの学習を進めています。

厚切りジェイソンに「社会人がプログラミングを学ぶ意義」を聞いてみた

個人的にプログラミングはかなりお勧めです。

ITで働く前は難しそうと避けていましたが、いざIT業界で働いているといかにニーズのある職種かが分かりました。

一点プログラミングについては、未経験者が勉強していくには独学ではなく、正しい基礎学習と学習環境が必要です。

独学で始めてしまうと、非効率な学習から諦めてしまう方も多いです。(挫折率は90%ととも。。)

僕のお勧めはDMM WEBCAMPです。転職保証有り、国からの給付金もあり、サポート体制が充実しています。

もちろん他にも良いサービスはあり、下記の記事に纏めました。

完全無料もあるので、是非参考にしていただければと思います。

「プログラミング」取得のためにかかる時間

プログラミングは通常200~250時間の学習時間が必要と言われています。

そのため、独学だけはお勧めしません。

サービスを利用することで、悩む時間、調べる時間を大幅に短縮できます。

勉強した知識はどう活かせるの?

元々業界でかなり不足しているスキルのため、あらゆる分野で求められます。

アプリケーションエンジニア(スマホアプリ・ゲーム作る人)、組み込みエンジニア(スマホOS、ゲーム機作る人)など、何れもやりたい分野で活躍できるでしょう。

まとめ

お勧めの学習、営業は「ITパスポート」

お勧めの学習、エンジニアは「プログラミング」

※お勧め学習法:DMM WEBCAMP

未経験からITの勉強をする2つの方法【営業、エンジニア転職】いかがでしたでしょうか?

是非前向きに検討してみてください!

本日はここまでです。

ではまた!