仕事

【体験談】仕事の帰宅後に何もできない時の対処法とは?【寝ない為に】

【体験談】仕事の帰宅後に何もできない時の対処法とは?【寝ない為に】

こんにちは!

本日のテーマは、【体験談】仕事の帰宅後に何もできない時の対処法とは?【寝ない為に】です。

帰宅後何もできない人
帰宅後何もできない人
毎日残業で遅い時間まで仕事。。

帰ったらすぐに寝てしまう。

もっと趣味やゆっくりするための時間がほしいな。

おとけい
おとけい
平日に自分の時間がほとんどないって、きついですよね。

昔の僕も仕事から帰ると無気力で、気が付くと寝てしまい、充実しない生活を送っていました。

その時の体験を基に原因と対処法を解説します。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

本記事の内容!

  • 帰宅後に何も出来ない。。「無気力」になる5つの原因とは?
  • 帰宅後の無気力、解決する方法は7つ!
  • 【体験談】 帰宅後の無気力を解決した後の話。【何が変わる?】
  • 帰宅後に寝てしまう人へ、まず試して欲しいこと。
  • まとめ:帰宅後の無気力を解決すると、人生が変わる。【習慣化しよう】

下記のような悩みを持つ方多いのではないでしょうか?

・仕事から帰っても、結局疲れて寝てしまう

・帰宅後の時間を有効に使いたいけど、結局スマホいじって終わる

・帰宅後の時間を有効活用する「方法」を知りたい

この記事を読むことでわかること!

  1. 仕事から帰って寝ない、怠けない「正攻法」が分かる
  2. 帰宅後の「無気力」を改善する方法が分かる

本記事で説明していきます。

本記事の信頼性!

この記事を書いている僕はこんな経歴です!

  1. IT上場企業で、正社員を約10年経験
  2. 以前は飲食、イベント、教育などの業界で多くの仕事を経験していきました。

3分~4分で読み終わる記事になっていますので、是非最後までお付き合いください。

「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

帰宅後に何も出来ない。。「無気力」になる5つの原因とは?

帰宅後に何も出来ない。。「無気力」になる5つの原因とは?

無気力になる原因は主に下記の5つ。

  • 原因1:仕事で残業、帰ってくる時間が遅い
  • 原因2:仕事が多忙、毎日極限まで疲れている
  • 原因3:帰ってくると息抜きでスマホいじりやテレビ・YouTubeを観てしまう
  • 原因4:やりたいことが多すぎて、何をすればよいか分からない
  • 原因5:帰宅後にやりたいことがない

見ていきましょう。

原因1:仕事で残業、「帰ってくる時間が遅い」

とにかく仕事で残業が多く、そもそも何かをする時間すらない状態です。

この場合、何よりも睡眠時間が優先されるため、帰って夕飯・入浴したらすぐ就寝になり、そもそも仕事がある日は何も出来ません。

なぜなら、そもそもの自分に使える時間がないから。

昔の僕も毎日終電続きの仕事をしていたことがあるのですが、身体もメンタルもかなり壊しやすくなるので、常態化しているのであれば辞めた方がよいです。

原因2:仕事が多忙、「毎日極限まで疲れている」

仕事が忙しくて、時間はあっても疲れがひどいと、結局帰宅後何もできませんよね。

一時的であれば問題ありませんが、こちらも年がら年中続くとなると、仕事の日は結局何をすることもできません。

帰宅後の時間は、全て休むことに使わざるを得ないからですね。

原因3:帰ってくると息抜きで、スマホいじりやテレビ・YouTubeを観てしまう

帰ってくると、とりあえず一休み、スマホいじりたくなりますよね。

YouTubeみたり、ゲームしたり、チケットが回復した読みかけのスマホマンガ読んだり。

気が付くと時間も結構経っていて、やろうとしていたことも「まあ、今日ぐらいいっか」と明日以降に先延ばしして、結局次の日も同じ感じに。

昔の僕はこういった繰り返しをよくしていました。

原因4:やりたいことが多すぎて、何をすればよいか分からない

やりたいことが多いと、何から始めればいいか分からず、結局全て手をつけられなくなることがあります。

  • 仕事のために資格の勉強をしたい
  • 副業のために画像や映像の編集スキルを練習したい
  • 趣味のために時間を使いたい

まずは自分にとっての一番を、1つだけ決めることから始めてみましょう。

原因5:帰宅後にやりたいことがない

帰宅後に何もできない、でも具体的に「その時間で何をしたいの?」と聞かれると、すぐにでてこない。

意外と多くないでしょうか?

まずは一つ、決めることから始めてみましょう。

昔少しかじった程度の趣味でもいいですし、資格や楽器でもよいですね。

出来ることなら、自分の知識やスキル、技術として身につくものがベター。

帰宅後の無気力、解決する方法は7つ!

帰宅後の無気力、解決する方法は7つ!

帰宅後の無気力を解決するには、下記の通り。

  • 方法1:仕事に使うパワー配分を、自分の時間に少し向ける
  • 方法2:出来るだけ残業をせずに、早く帰る
  • 方法3:上司や同僚との付き合いを少なくする
  • 方法4:だらだらしてしまう物を無くす、遠ざける
  • 方法5:目標を友人や家族に公言する
  • 方法6:自分にとってプラスとなる人間関係を構築する
  • 方法7:在宅勤務可能な仕事にする

見ていきましょう。

方法1:仕事に使うパワー配分を、自分の時間に少し向ける

仕事後に疲れて寝てしまう場合、パワー配分が仕事に向き過ぎている可能性があります。

真面目な人ほど多いのですが、まずは優先順位を「仕事より自分」にしましょう。

一時間早く仕事を終え、その分自分の時間として有効活用する。

現状を変える、初めの一歩です。

方法2:出来るだけ残業をせずに、早く帰る

残業が多い方は、まず労働時間を減らすところから。

人によっては収入の関係であえて残業をする人もいますが、極力やめましょう。

その時間をしっかり自分の時間に投資した方が、精神的にも良いです。

週に一日、早く帰る日を決めるだけでも全然違いますよ。

方法3:上司や同僚との付き合いを少なくする

上司や同僚との付き合いが多い方は、やめるか頻度を少なくしましょう。

仕事終わりの飲み会や社員旅行などの会社行事、イベントなど。

どれも自分の休み時間や、有意義に使う時間をただ消費するだけのものだからです。

仕事とそれ以外はきっぱり分けてください。

方法4:だらだらしてしまう物を無くす、遠ざける

テレビやスマートフォン、お気に入りのクッションなどは出来るだけ遠ざけます。

やっぱり目に映ると、用はなくても見ちゃうんですよね。

人間どうしても怠けてしまう生き物で、仕事で疲れた後であればなおさらだと思います。

まず出来ることの一つとして、遠ざける、あわよくば捨てる。

方法5:目標を友人や家族に公言する

目標を友人や家族に公言してみてください。

何故なら自分1人だと、どうしても甘やかしてしまうから。

例えばITパスポートなど資格試験であれば、半年以内に絶対取得する、など。

周りにも認識してもらうことで、自分の怠惰をセーブすることができます。

IT企業への転職で取得すべき資格3つ【営業、エンジニア共通】
IT企業への転職で取得すべき資格3つ【営業、エンジニア共通】こんにちは!オトケイです。 IT企業への転職で取得すべき資格3つ【営業、エンジニア共通】というテーマで書いていきます。 下記...

方法6:自分にとってプラスとなる人間関係を構築する

人は自分が深くかかわる人やコミュニティに、自分は大きく影響されます。

なので例えば怠け者な人よりも、目標があって自己管理出来ている人とコミュニケーションをとるようにしましょう。

類は友を呼ぶといいますが、本当にその通り。

怠けている人と距離をとるだけでもかなり違ってきます。

方法7:在宅勤務可能な仕事にする

可能であればテレワークを主とした勤務体系をお勧めします。

単純に通勤時間が短縮されるため、トータルの勤務時間が減り、浮いた時間を自分の時間に費やせるからです。

WEB会議を含めITが進化した現代、正直移動の時間をほど無駄なものはないと思います。

最近ではテレワーク特化の転職サイトもあるので、求人情報を出来るだけチェックしておくようにしましょう。

「参考」

ReWorks(リワークス)

⇒在宅勤務専用の転職サイト。フルテレワークの会社を見つけやすい。

【体験談】 帰宅後の無気力を解決した後の話。【何が変わる?】

【体験談】 帰宅後の無気力を解決した後の話。【何が変わる?】

帰宅後の無気力について、まずは原因を考えてみましょう。

僕の場合は「疲れ」と「そもそも時間がない」ことでした。

毎日朝から終電まで仕事をして、日によってはタクシーで深夜帰り。

ひどい時は朝6時に帰宅し、9時には出勤1時間しか寝れなかったこともありました。

平日自分の時間は全くなく、睡眠時間を少し確保するのがやっとの状況。

さすがにこのままではまずいと思い、仕事の優先度を自分の中で少し落としました。

仕事を何よりも優先し、新しい仕事が来たら出来る限り率先して対応していましたが、一回仕事に対する積極性をなくしました。

仕事の積極性を無くすと、当たり前ですが少し時間が出来るんですよね。

上司にも相談して仕事を負荷分散、また運よくテレワークが制度化されたので、空気を読みつつ出来るだけ利用するように。

時間の確保が出来、疲れも軽減されました。

僕は出来た時間で画像編集や動画編集のスキルを身に着けて、個人で稼いでいくスキルを得たいと考え、今も日々勉強しつつサイドビジネスとして個人展開しています。

帰宅後に寝てしまう人へ、まず試して欲しいこと。

帰宅後に寝てしまう人へ、まず試して欲しいこと。

まずは仕事の時間や負荷を下げましょう。

  1. 自分の時間を増やす(仕事の時間を減らす)
  2. 自分が名前てしまう要因(スマホ、ゲームなど)を遠ざける

この2つだけでも徹底して試してみてください。

それだけで大きく変わるはず。

それでも帰宅後どうしても寝てしまう人は、一日のどこかで15分ほど仮眠をとると、帰った後睡魔に襲われにくくなりますよ。

昼気休憩中や、電車での移動時間など工夫して仮眠をとってみてください。

15分以上寝ると、身体がだるくなるので注意してくださいね。

まとめ:帰宅後の無気力を解決すると、人生が変わる。【習慣化しよう】

まとめ:帰宅後の無気力を解決すると、人生が変わる。【習慣化しよう】

帰宅後の無気力を解消すると、人生が変わります。

帰宅後1時間を有効に使えれば、1週間で5時間。

1か月で約20時間になります。

そのためには日々の意識づけと、行動することが大切。

やっぱり面倒くさくなったり、自分を甘やかしてしまって寝てしまうこともあると思います。

でも、今の自分を変えるのは、やっぱり自分。

どうか負けないでください。

僕も本当に面倒くさがりで、変化を加えるのも正直だるいと感じて腰が重かったのですが、ちゃんと時間を作り有意義に使うことが出来ています。

【体験談】仕事の帰宅後に何もできない時の対処法とは?【寝ない為に】いかがでしたでしょうか?

ではまた!

IT系に強いおすすめ転職サイト11選【未経験の営業・エンジニア別】
【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】こんにちは!オトケイです。 【知らなきゃ損?】IT系に強いおすすめ転職サイト13選【未経験OK】というテーマで書いていきます。 ...