仕事

【もう限界】転職で悩みすぎてしまう原因と対策とは?【体験談】

【もう限界】転職で悩みすぎてしまう原因と対策とは?【体験談】

こんにちは!

本ブログでは仕事や転職の悩み・ノウハウについて解説しています。

本記事は、【もう限界】転職で悩みすぎてしまう原因と対策とは?【体験談】というテーマで解説していきますね。

転職で悩みすぎてしまう人
転職で悩みすぎてしまう人
転職活動してるけど、色々悩みすぎてしまう。

おとけい
おとけい

転職活動では悩みが多くでてきますよね。

仕事や会社選びなど、本記事で原因と対処法について解説していきます。

本記事の内容!

  • 転職活動で悩み過ぎてしまう5つの原因とは?
  • 転職活動で悩み過ぎないために。対処法3選
  • 【体験談】転職活動で悩みすぎて、失敗したこと。
  • 転職活動では「いかに自分を動かせるか?」が大切
  • まとめ:転職に悩み過ぎたら、まずは自分と向き合ってみる。

下記のような方の悩みに向けた記事です。

・転職活動で悩み過ぎてしまう

・会社や仕事内容を選ぶ際、何が自分に合っているのか分からない

・仕事を辞めたい

この記事を読むことでわかること!

・転職活動で悩み過ぎてしまう根本原因が分かる

・これから取るべき対処法が分かる

本記事の信頼性!

この記事を書いている筆者はこんな経歴です!

  • キャリアアドバイザーとして活動。主に「仕事の悩みを解決する」記事を執筆中
  • IT上場企業で、正社員を約10年経験
  • 以前は飲食、イベント、教育などの業界で多くの仕事を経験

3分~4分で読み終わる記事になっていますので、是非最後までお付き合いください。

「経験に基づいたリアルな情報」を記載していきます。

転職活動で悩み過ぎてしまう5つの原因とは?

転職活動で悩み過ぎてしまう5つの原因とは?原因と対策とは?【体験談】

転職活動で悩み過ぎてしまう場合、下記5つの原因が挙げられます。

  • 原因1:自分のやりたいことが分からない
  • 原因2:今の職場より悪くなるのではないか、怖い
  • 原因3:給与や待遇など、妥協すべきラインが曖昧で決められない
  • 原因4:本当に転職すべきか、踏ん切りがつけられない
  • 原因5:働くこと自体が億劫に感じてしまう

見ていきましょう。

原因1:自分のやりたいことが分からない

自分のやりたいことが明確になっていない場合、転職活動を進めていく中で悩み過ぎてしまいます。

なぜなら、目的地が無い状態で車を走らせているようなものだから。

つまり行きたい場所が分かっていないことは、「転職成功」という正解がそもそもない状態。

まずは一度、自分のやりたいことをざっくりでも、漠然としたイメージレベルでも、考えることから始めましょう。

原因2:今の職場より悪くなるのではないか、怖い

今の職場と比較して、人間関係や仕事内容など、悪化することを恐れてしまうこと、ありますよね。

この原因に関しては、結論ある程度割り切るしかありません。

なぜなら、働き始めてみないと分からないことだから。

ただし転職会議などに登録されている会社であれば、事前に現社員・元社員のリアルな人間関係や具体的な年収など情報を拾えるので、活用することもありですね。

原因3:給与や待遇など、妥協すべきラインが曖昧で決められない

給与や待遇など、定められた条件にたいして、妥協ラインが決められないことありますよね。

特に今の仕事に対して、給与が減ってしまう条件など。

個人的には利用している転職エージェントを通して、同じ条件まで給与を上げる交渉はするべきです。

リクルートエージェントマイナビエージェントなどであれば、給与交渉してくれるので、まだでしたら一度相談してみてください。

原因4:本当に転職すべきか、踏ん切りがつけられない

転職活動を進めていると、中々思うように進まず、本当に転職すべきか、と考えてしまうことがあります。

面接で上手くいかなかったり、上手く選考が通過しても、今の会社より条件が下の会社だったり。

こんな状態が続いて長期してくると、どうしても「現状維持」の選択肢を考えてしまいますよね。

でも、まずはあなたが「今の会社で働きたいか?」「定年まで働いたとして、幸せになれるか?」を考えてみて下さい。

自ずと答えは出るのではないでしょうか。

原因5:働くこと自体が億劫に感じてしまう

働くこと自体に意義を感じないと、そもそも働くこと自体が億劫に感じてしまいます。

転職して働く環境は変われど、労働そのものは変わらない。

まずはあなたが少しでも楽に感じることが出来る、「働き方」を考えてみましょう。

例えば、家で仕事が出来ればまだ良いと感じるなら、フルリモートの仕事もたくさんあります。

もし「組織に管理される」ことが嫌で億劫に感じるのであれば、フリーランスや起業する選択肢もあります。

(参考)フルリモート求人特化の転職サイト:【ReWorks(リワークス)】

フリーランスはスキルなしでもなれる?【結論、少し勉強すればなれます】
フリーランスはスキルなしでもなれる?【結論、少し勉強すればなれます】こんにちは! 本日のテーマは、フリーランスはスキルなしでもなれる?【結論、少し勉強すればなれます】です。 こ...

転職活動で悩み過ぎないために。対処法3選

転職活動で悩み過ぎないために。対処法3選

転職活動で悩みすぎた時、出来る対処法は3つ。

  • 対処法1:あなたのやりたいことを具体化する
  • 対処法2:あなたが働くための条件を明確にする
  • 対処法3:具体的に期限を決める

対処法1:あなたのやりたいことを具体化する

まずはやりたいことを具体化しましょう。

今の自分のスキルや技術などは一旦さておき、本当にやりたい仕事を幾つか箇条書きにします。

「嫌々やる仕事」になんとなく転職しても、結局「続かない」からです。

まずは全部フィルタを取っ払って、やりたいことを洗い出し、その上で現実的に一つの仕事を選んでみる。

僕はこの方法で、飲食の仕事からITの仕事に転職しました。

対処法2:あなたが働くための条件を明確にする

やりたい仕事が決まったら、あなたが働くための条件を明確にしましょう。

絶対に譲れない条件をだすことが大切です。

給与は月25万以上、仕事はフルテレワーク(在宅勤務)、土日完全休みなど。

ここまで明確にすれば、転職で悩み過ぎる課題も少なくなり、あなたが次働きたい会社も絞れてきます。

対処法3:具体的に期限を決める

何事にも期限を決めましょう。

人間リミットが決められていないと、どうしてもダラダラしてしまうからです。

転職活動が長引くと、転職に悩む時間も長くなります。

まずは今から3か月、長くとも6か月を目安としてください。

【体験談】転職活動で悩みすぎて、失敗したこと。

【体験談】転職活動で悩みすぎて、失敗したこと。

僕も転職活動を経験しており、悩み過ぎて失敗しました。

当時は飲食の仕事をしていて、仕事の内容にも上司や同僚にも、給与も全てが納得いくものではなくて、転職活動を始めました。

でも「今より状況が悪くなったらどうしよう」とか、「本当に転職してもよいのか、自分が消耗し、耐え続ければよいのでは?」など、たくさんのネガティブなことを考えていました。

おかげで無駄に長期化して転職に悩む時間と、今の職場で消耗する時間、マイナスが増えてしまっていたと、今になって思います。

悩み過ぎることは、それだけ真面目に、真剣に、慎重に考えているということなので、決して悪いことではありません。

でも結果的に自分を苦しめる時間にもなります。

悩みながらも、着実に自分のなりたい自分を描いて、行動していていってくださいね。

転職活動では「いかに自分を動かせるか?」が大切

転職活動では「いかに自分を動かせるか?」が大切

転職活動は、いかに悩み過ぎないように出来るか?が大切。

そのためには、まず行動。

あなたのしたい仕事、条件が決まったら、悩みながらも、しっかりと行動すること。

面接を受ける会社のリサーチ、履歴書作成、面接準備など、少なくとも毎週何かしら進捗を出しましょう。

今の日本は昔に比べて転職しやすい社会の雰囲気もあり、また無料の転職サービスも充実しています。

是非自分を甘やかさずに、行動をおこしてください。

(参考)転職活動時に利用して良かった無料エージェント

リクルートエージェント

⇒転職成功実績No1の大手サイト。在宅勤務の求人が多く、エージェントの質が高いです。

マイナビエージェント(首都圏に強い)

⇒転職における定番サイト。20代~30代向け、登録して損はないです。

まとめ:転職に悩み過ぎたら、まずは自分と向き合ってみる。

まとめ:転職に悩み過ぎたら、まずは自分と向き合ってみる。

転職に悩み過ぎたら、まずは自分と向き合うこと。

絶対に譲れない条件、やりたい仕事、絶対受からないかもそれ居ないけど、働けるなら働いてみたいと思う会社。

就活の時の自己分析を、改めて今のあなたでやってみましょう。

社会を知って、現実を知って、また違う答えがでると思います。

そして今出来ることを考えて、しっかり行動。後伸ばしはNG。

あなたが納得のいく働き方をしてくださいね。

【もう限界】転職で悩みすぎてしまう原因と対策とは?【体験談】いかがでしたでしょうか?

ではまた!

退職代行の意外な評判?実際に使う方法と手順【メリット・デメリットも】
退職代行の意外な評判?実際に使う方法と手順【メリット・デメリットも】退職代行の意外な評判について解説します。 また退職代行を使うメリット、デメリット、使うための方法や手順まで記載。 この記事を読めば、あなたにとって退職代行が必要かどうかが分かるようになってます。...